要介護1・2地域移行とケアマネ実務

こんにちは 中谷です。

12月に入り本格的な冬になりましたね。

介護保険法では要介護1・2の生活援助等を地域支援事業(総合事業)に移行する案が議論されています。
介護保険部会の資料では、「生活援助サービス等」という表現のみですが、財務省側の建議では、その資料内で通所介護と訪問介護全般も含めて「地域支援事業に移行すべき」と明記しています。また、政府の改革工程表(2018)では「軽度者に対する生活援助サービスやその他の給付」について「地域支援事業への移行」を含めて検討すると書かれています。

これについては様々問題点があるようで、社会保障費を抑えるどころか、逆に増える可能性もあるようです。もちろん利用者負担も増える可能性も…。

要介護1・2地域移行とケアマネ実務

専門的な用語が多くて読みづらいと思いますが、是非一読ください。

今後の日本を支えるのは私たちですが、人生の先輩たちがあっての今の日本。

全ての人が住みよい日本になったほしいと感じる記事でした。